sulmy(スルミー)の色々ブログというか日記というか

新聞記者でしたが今はバイト生活しています。26歳女性です、アメリカ大学院で栄養学&食育を学びに行きます。

来年1月のアメリカ大学院留学に向け、私が自主的に受けた検査

スルミーです。早いもので東京での仕事を辞め、地元の試される大地に戻ってきてからこれで半年が経ちました。

 元々の心配性に加え、きちんと年齢や自分の体、人生の緩い計画を立てるようになった今日この頃。体のメンテナンスや現状把握をするために、4月から最近までの間、いくつかの検査を自主的に受けました。

なんとなくメモ代わりに下に書こう。

 

胃カメラで胃付近の内視鏡検査

 

地元に大変口コミの良い胃腸科内科さんがあり、そこにお邪魔して所謂胃カメラを飲みました。

結果は悪いことは何ともなく、自画自賛するのもなんですがとてもきれいな胃でした。飲んだ理由としては、私、精神的になのか、それとも体が弱いのか。突然激しい腹痛や吐き気に襲われる経験がこれまでごまんとありまして。

多分小学生くらいから既に胃の弱さを感じていたんだけど、「ストレスかな」「胃が弱いんだな」くらいで済ましていた。なので今回は長期渡航も目前だし、きちんと一度向き合おうと思って受けたのでした。ちなみに診断は機能性ディスペプシアというストレス性のストレスから来る症状?とのことで一応話を受けました。

 

②コンタクト

 

兼ねてからメガネっ子の私はコンタクトに抵抗がある。が、もし何か災害があったり、スポーツをする機会があったりと考えたら。コンタクトを少しもって出ていくのは大いに賛同できる考えかなと思いました。

なのでコンタクトを一応3か月分?ワンデイで処方してもらって、その分アメリカにもっていこうと思っています。

 

③歯

 

歯についてはもう、これはこれはお金をかけてきました。小さい時から。

先週も歯と歯の間の割と大きな虫歯を見つけたので、つめものをして直したばかり…。あとは3年前に始めたインビザライン(マウスピースの歯列矯正)もクライマックスを迎え、もうこれで完了というところまで来ました…。

いまは超定期的に歯医者さんを訪れてはメンテナンスをして、虫歯の無いきれいな歯を目指しているところです。欲を言うことが出来るならば、ホワイトニングにとても興味があるのでトライしてみたいとは思うのですが。その余裕は今はなさそうなので、少しお預けにします。

 

④婦人科系の病気チェック

 

子宮頸がんの検査を受けた。結果は陰性で、今年も何事もなく。

でも子宮内膜症といって、子宮の厚みがあることが分かったので、(生理痛の重さに関係するらしい)生理痛から解放されるべく、低用量ピルの使用を始めました。

渡航までに何度か通って、薬2年分くらい持っていこうかと考えています。

 

随時この記事については更新しよう

バイトの時間だ、行かなければ

 

スルミー